初心者から始める心機一転ブログ

2019年のおすすめ副業!株式会社サンライズの~Seilabo(セイラボ)~

ネットビジネスの魅力と単価の高さ

time 2019/04/24

ネットビジネスは、単価に大きな特徴があります。販売単価を比較的高めにできるからです。例えば情報商材というネットビジネスがあります。販売の単価自体は高めになりますから、成約した時の利益も比較的大きいです。

販売単価が高めな情報商材

情報商材とは、ある意味電子書籍に似ている一面もあります。電子書籍はスマホで読めるメリットがありますし、紙の書籍のような置き場所も必要ありませんし、最近では活用している方も多いです。
それで情報商材の場合は、もう少し深い知識を取り上げるケースが多いです。FXで稼ぐ為のノウハウや、万が一のトラブルが生じた時の対応法など、やや専門的なテーマが目立ちます。
また情報商材は、電子書籍よりは販売価格が高いです。前者の書籍の場合は、価格は1,000円台や2,000円台になっている事が多いですが、情報商材は5,000円や1万円台というケースも多々あります。
販売単価が高めなだけに、情報商材が1つ売れた時の利益額もかなり高くなります。それだけに、情報商材というネットビジネスを始めようと思っている方も多いです。
ただし情報を提供する訳ですから、知識は必要です。かなり専門的な知識が必要である事は、間違いありません。ですが何かマニアックな知識を知っているなら、試してみる価値はあります。

せどりも単価を高くできる

情報商材だけではありません。せどりというネットビジネスにしても、かなり単価を高めにできる事があります。
例えばオークションなどで、何か価値が高い物を仕入れました。その物の販売単価は、やや高めにする事もできます。1万円や2万円など、希望額札額を高めにする事も可能なのです。
実際、希少価値が高い物であれば1万円以上で売れるケースもよくあります。限定品などは希少価値が高いですし、多少単価が高めでも売れる事が多いです。単価を高めにできるのは、せどりの魅力の1つでもあります。

単価を高めにできる魅力

実店舗での商売ですと、上記のような高単価にするのは難しい事もあります。例えばフランチャイズなどで商売を営んでいると、あまり単価を高くできない事もあるのです。色々細かなルールが決まっているので、単価が制約されてしまう事もあります。
それに対してネットビジネスの場合は、単価の自由度は比較的高いです。しかも単価を高くしても、よく売れるケースも案外多いのです。
もちろん単価が高ければ、大きな利益も期待できます。高単価で稼げるのは、ネットビジネスの魅力の1つです。

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー